人気の特集

カテゴリ

ゲーム
10150円 ファッションの DRT クラッシュ9 Klash9 Low tribeweed
10150円 ファッションの DRT クラッシュ9 Klash9 Low tribeweed
Reviews: 4.6 - "1" by, に書かれています
シャワー使用後に、ポタポタと水タレが止まらなくなり、カラン本体をバラした所、この部品のシール部分のゴムが傷んでいることを発見、型番調べて購入し交換したらピタリと漏れが止まりました。10年以上前のKF112用の部品があるのは凄いです。また、10年程度使えそうです。
5 - "2" by, に書かれています
頼まれ物でしたが、喜んでました。こちらの身勝手な要望にも、対応して頂いた出品者にも感謝します。品物は、しっかりした物です。トイレに置いただけで、イメージしてたより、綺麗になった感じです。据え置きが楽で、とても良かった。
5 - "3" by, に書かれています
活用できそうなのばっかでイイ!これならセンス0でもいいものが出来るんじゃ…気分が上がります!
5 - "4" by, に書かれています
厚手でかなり温かいです。真冬用に適しています。秋の陽気では暑いぐらいです。
3 - "5" by, に書かれています
今治の生地を使っているということで、思いきって購入しました。期待が高すぎたのか「普通」でした。ただ枕にかけるので全くずれたりしない点が良いです。正直、もう少し値段は安くて良いと思います。
3 - "6" by, に書かれています
普通に使えました。 定期的に交換したい部品ですね 女性で取り付け簡単です
4 - "7" by, に書かれています
2XLのレッドを購入。少し大きめの豆柴7.1kg、ちょうどいいサイズでした。レッドというより、朱色よりのレッドなので、他のダウンベスト風ジャケットのレッドも同時に購入しましたが、それよりも色的に優しく、赤柴のうちのワンコにはフィットしている気がします。首元までしっかり閉まって、裏地もフリースになってるので、暖かそうです。また首元も折って着る事もできたので、長すぎても半分位で折り曲げたら調整できるかなとも思います。袖がないので、簡単に前足を通したら、そのまま後ろでジッパーを閉め、ハーネス付きなので、ワンコに負担もなく、ドアの前でお散歩の待機している間にササッと装着して、簡単に散歩に出る事ができます。コスパもいいし、もっと早くにゲットすればよかったと思います。お届け予定期間よりも早く届きました。ありがとうございます。
5 - "8" by, に書かれています
他社製品との比較はしていません。単純に単価で本品を購入。要するに「泥」です。小石大の塊がごろごろしていますが、本来の調整法である水に溶いて使うにはまったく問題ありません。ただし、小物ていどのDIYで600gをいちどきに使うことはあまりないかと思いますし、粉末状のほうが量を調整しやすいので、わたしは最初に塊を全部くずしてジッパーつきの袋に小分けにしています。100均で買った「B8サイズ」の袋でちょうど1ダース分。例えば3段のカラーボックス程度なら(サイズにもよるでしょうが)これの2~3袋で賄えるんじゃないでしょうか。まず1袋分使って、足りなくなったらもう1袋つぎ足す。余っても乾燥させれば再利用できますが、こういうやり方であれば調整した砥の粉が大量に余るということがないので、捨ててしまっても惜しくない。塊をくずすには、これも100均で買った小さなおろし金(商品名「薬味おろし」)を使います。おろし切れない小さな粒は指先ですり潰せます。それでも小さな粒々はそれなりに残りますが、全量粉末でなければ困るような用途であれば、乳鉢なんかを使えばよろしいかと。砥の粉にはたいてい「白」「黄」「赤」の3種類(または2種類)ありますが、それぞれ他に比べて{白っぽい/黄色っぽい/赤っぽい}ほどの意味で、「白」だからといって漂白したり蛍光塗料を混ぜたりしたような「まっ白」ではありませんし、同じ「白」でもメーカーごとに色味が違っているかもしれません。まっ白じゃなきゃ使えない用途であれば、例えばこちらの「純白砥之粉」などは近いんじゃないかと思います。http://www.yamasina-tonoko.com/seihin/index.html#junpaku色味は製品に含まれる成分の割合によるので、どうしても拘るなら、各メーカーに成分を問い合わせて(メーカーによってはサイトで公表している)確認?比較すれば、サイトの写真等で見るより確実かと思います(参考:http://sugimotojapan.asablo.jp/blog/2006/02/03/237796)。アサヒペンの砥の粉には「白」「赤」の2種しかないようなので、他メーカーが「黄」に分類する成分割合も「白」に包摂されるのかもしれませんし、であれば結果として、「白」が他メーカーのそれよりも黄寄りになっているのかもしれませんね。アサヒペンがYouTubeで商品の使用法を解説しています。https://www.youtube.com/watch?v=RlDntulV1uUまた、東京都の「匠」が砥の粉の塗り方ふくめて木工塗装の技能を解説する動画もあります。https://www.youtube.com/watch?v=V5g_7A0_qWY&t=34sこれら動画や、各メーカーサイトの解説(http://www.yamasina-tonoko.com/tonoko/index.html など)を参照すれば、初歩的な誤解は減るんじゃないかと思うんですが。例えば、「砥之粉の生産はその原料を超微粒子(325メッシュの水洗残分0.8%)の粉末にするところに特色があります。その粉末を霧粉といい、固めたものを砥之粉と呼びます。」(http://www.yamasina-tonoko.com/seihin/index.html <砥之粉(とのこ)の種類>より)とあるように、伝統的な製法では「砥の粉とは固まっているもの」のようです。
4 -

BOOTHに作品を出品しよう!

BOOTHなら、販売手数料0円、たったの10分
ネット通販をはじめられます!

もっとくわしく